生徒数
プロフィール

よーす

Author:よーす
よーすです。

心理系大学院合格目指しましょう。

みなさんの夢はなんでしょう?笑

臨床心理士,公務員の心理職,一般企業・・・?

どれも素敵です。

僕は心理学をしっかり学んだ人には,大きく社会を変える力があると思っています。

だから,どんな目標でもいい。
大学院合格は手段でも目的でもいい。

まずは、一緒に合格しましょう。

誤字脱字,そもそもの間違い,
お教えください。

みなさんが健康で元気に毎日を過ごせることを願っております。

twitterでは,語句説明なども行っております。
@Clinic_psycho
or
臨床心理スクール幼稚舎

で検索してください。


できたらフォローもよろしくお願いします!!笑

検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分析心理学 元型 『自我』

元型No.1 『自我(エゴ)』
 ユングによる元型において,唯一意識の中に存在するとされる。自我は,本人の主体として行動や認知の選択を行う。なお、フロイトの精神分析における自我とは区別される。

 大変申し訳ないのですが,この自我という概念きわめて複雑怪奇で僕のような凡人には到底理解できないのですが,どうやら,ユングが仮定した,意識の中心にある普遍的な概念で,人の行動の選択を左右するということまでは理解できました。
 そして,行動の選択を決定した結果,当然認められない,却下された感情や行動は,ユングでいうところの個人的無意識へと追いやられるわけです。そこで追いやられた自分というものが,後日説明する「影(シャドウ)」という元型になります。


 なお,この自我ですが,フロイトの構造論の自我とは区別されるようです。また,後に紹介するセルフ(自己)とも区別されます。一方で,自我はコンプレックスという概念と同様の側面も持っているようです笑
 僕の参考にした『ユング心理学への招待』青土社(おすすめできないのでアマゾンのリンクは貼りません笑)では以下のように書かれています。

 自分自身についての感情に色づけられた表象群であり,意識的および無意識的な側面を持ち,また個人的で集合的でもある

 なんだそれ!?っていうわけです笑
 この複雑な自我,詳細を勉強し次第随時更新します。
スポンサーサイト
CATEGORY:精神分析

THEME:心と身体 | GENRE:心と身体

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダーがチェス盤に見えたらまじめに更新されてます笑
Twitter
コミュニティ心理学書籍紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。