生徒数
プロフィール

よーす

Author:よーす
よーすです。

心理系大学院合格目指しましょう。

みなさんの夢はなんでしょう?笑

臨床心理士,公務員の心理職,一般企業・・・?

どれも素敵です。

僕は心理学をしっかり学んだ人には,大きく社会を変える力があると思っています。

だから,どんな目標でもいい。
大学院合格は手段でも目的でもいい。

まずは、一緒に合格しましょう。

誤字脱字,そもそもの間違い,
お教えください。

みなさんが健康で元気に毎日を過ごせることを願っております。

twitterでは,語句説明なども行っております。
@Clinic_psycho
or
臨床心理スクール幼稚舎

で検索してください。


できたらフォローもよろしくお願いします!!笑

検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスとは

 本日は、健康心理学の重要な概念であるストレスについて解説をします。

 実は,心理学的には「あぁ、ストレスが溜まる~!!」なんて言い方はしないのです。

 正しくは「あぁ、ストレッサーによるストレインが起こっている~!!」って言います。
 言ってる人がいたらなんか友達になれないと思いますけど笑

 ってわけで本日のテーマはストレスです!!


 まずは,以下の公式をご覧ください。
 ストレスの公式

 もちろんこれは僕が作った公式ですけども,いわゆるストレスは,ストレスの原因であるストレッサーとそれに対する反応であるストレイン(ストレス反応)によって引き起こされます。
 この一連のプロセスを併せてストレスと呼びますが、ストレッサーやストレス反応自体をストレスと呼ぶこともあります。そこらへんがごちゃごちゃしてますので混同に注意してください。

ストレスの中身

 ストレッサー・・・生理的または心理的に脅威となる刺激や出来事をストレッサーという。災害や家族の死,失業などがそれにあたる。

 ストレイン(ストレス反応)・・・ストレッサーによって引き起こされた反応のこと。ストレス反応ともいう。心拍数の上昇や恐怖や怒りの感情が生じることがある。

 
 

 本日はここまで!次回からはストレスが人体に及ぼす影響と大学院入試の基礎である汎適応症候群について説明します。

 
スポンサーサイト
CATEGORY:健康心理学

THEME:健康 | GENRE:心と身体

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダーがチェス盤に見えたらまじめに更新されてます笑
Twitter
コミュニティ心理学書籍紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。