生徒数
プロフィール

よーす

Author:よーす
よーすです。

心理系大学院合格目指しましょう。

みなさんの夢はなんでしょう?笑

臨床心理士,公務員の心理職,一般企業・・・?

どれも素敵です。

僕は心理学をしっかり学んだ人には,大きく社会を変える力があると思っています。

だから,どんな目標でもいい。
大学院合格は手段でも目的でもいい。

まずは、一緒に合格しましょう。

誤字脱字,そもそもの間違い,
お教えください。

みなさんが健康で元気に毎日を過ごせることを願っております。

twitterでは,語句説明なども行っております。
@Clinic_psycho
or
臨床心理スクール幼稚舎

で検索してください。


できたらフォローもよろしくお願いします!!笑

検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神医学

 さて,記憶が一段落ついたところで僕も夏休みがほしいところですが,なかなかそんなに甘いことも言っていられないので,本日は精神医学的な問題から,「せん妄」と呼ばれる症状を説明していきたいと思います。

 非常に重要ですので,しっかりと覚えておきましょう。


 そもそもせん妄とは,老年期において最もよく見られる器質性の精神障害です。特徴としては,短期間のうちに変動する意識の障害と認知の変化があります。「失見当識」と呼ばれる,時間や場所についてがわからなくなるという特徴的な症状を示すことがあります。一般的には「意識の混濁」という言葉で症状が表現されることもあります。症状が進行すると,抑うつや不安,振戦,頻脈などが見られ,最終的には昏眠状態となります。
 また,老年期では入院患者の30〜50パーセントほどがせん妄状態になるとされています。しかしながら,老年期に限ったことではなく,子供においても見られることがあります。
 
 老年期におけるせん妄の原因として,主なものが薬物中毒,代謝と栄養の偏り,感染症や発熱,神経学的障害などによってもたらされるとされています。せん妄の症状の進行は早く,遅くても数日以内には進行していきます。ですから,迅速な対応が重要となります。

 せん妄に対する治療法としては,先ほど言ったようにとにかく迅速な対応が必要です。一般に,1週間から4週間で症状は改善します。しかし,脳が損傷を受けていたり,原因が突き止められない場合,症状は進行し,死に至る場合があります。これが器質性精神障害の恐ろしいところとなります。この領域は心理士に必要とされる知識でもありませんし,鑑別は医師が行うものですが,わずかな変化や異常に気が付く心構えと最低限の知識を心理士が持っているということは不可欠なことだと思います。

 次回以降は,精神医学でも重要な妄想を特集していきたいと思います。
スポンサーサイト
CATEGORY:異常心理学

THEME:心と身体 | GENRE:心と身体

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダーがチェス盤に見えたらまじめに更新されてます笑
Twitter
コミュニティ心理学書籍紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。