生徒数
プロフィール

よーす

Author:よーす
よーすです。

心理系大学院合格目指しましょう。

みなさんの夢はなんでしょう?笑

臨床心理士,公務員の心理職,一般企業・・・?

どれも素敵です。

僕は心理学をしっかり学んだ人には,大きく社会を変える力があると思っています。

だから,どんな目標でもいい。
大学院合格は手段でも目的でもいい。

まずは、一緒に合格しましょう。

誤字脱字,そもそもの間違い,
お教えください。

みなさんが健康で元気に毎日を過ごせることを願っております。

twitterでは,語句説明なども行っております。
@Clinic_psycho
or
臨床心理スクール幼稚舎

で検索してください。


できたらフォローもよろしくお願いします!!笑

検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神症状2

 本日も前回に引き続き精神症状の捉え方をご紹介していきます。

 精神症状の主症状である思考の異常についてです。いきます。


 ◆思考の異常

 思考の異常とは,その名の通り考えることが正常な現実検討力では起こらないような思考に至った状態です。思考の異常はさらに,思考形式の異常思考内容の異常の2パターンに分類することができます。本日は,思考の異常のうち,思考形式の異常をお伝えしたいと思います。

 1.思考形式の異常

 思考形式の異常には主に7種類あります。

 1.思考制止(思考抑制)・・・思考の流れが止まることです。思考が前に進まない、とも表現されます。うつ病において生じる代表的な症状です。

 2.思考途絶・・・思考がある段階をもって完全に止まってしまうことです。考えが突然なくなる,消えるなどと表現され,統合失調症において代表的な思考の異常です。

 3.観念奔逸・・・考えが次から次へと浮かび上がってくる状態。それぞれの思考は表面的に関連があるが,話の本筋としてはつながりがない状態。躁状態のときに見られる思考の異常。

 4.滅裂思考・・・話が無茶苦茶な状態のこと。思考の流れにつながりがなく,無関係事柄同士がつながる。統合失調症に特徴的な思考の異常だが,意識障害を伴わない場合に呼ばれる。意識障害を伴う場合は,散乱思考といわれる。

 5.散乱思考・・・滅裂思考に意識障害を伴った状態。

 6.迂遠・・・まわりくどく話してなかなか結論に達することがない。認知症や高齢者に多い。脳の器質性疾患による精神障害が発生している場合に多くみられる。

 7.粘着・・・一つの話題に対して執着する傾向のこと。主に一つの言葉やテーマに執着する。脳の器質性精神障害に多い傾向。

 
意識障害

 意識障害には,まどろみに近いような軽度の意識混濁と呼ばれる状態から重篤な状態までがあります。一方で,幻覚や異常行動を伴う意識障害は特別に意識変容と呼ばれます。

 今回は,精神障害の思考の異常の一つの形として意識障害をご紹介しましたが,先日お話ししたように,精神医学では外因、内因、心因の順番でアセスメントをします。なので,異常行動を伴う思考の異常を精神障害によるものと判断する前に,脳炎やてんかん発作の可能性,薬物中毒による症状の可能性を考える必要があるのでご注意ください。
スポンサーサイト
CATEGORY:異常心理学

THEME:心と身体 | GENRE:心と身体

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダーがチェス盤に見えたらまじめに更新されてます笑
Twitter
コミュニティ心理学書籍紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。