生徒数
プロフィール

よーす

Author:よーす
よーすです。

心理系大学院合格目指しましょう。

みなさんの夢はなんでしょう?笑

臨床心理士,公務員の心理職,一般企業・・・?

どれも素敵です。

僕は心理学をしっかり学んだ人には,大きく社会を変える力があると思っています。

だから,どんな目標でもいい。
大学院合格は手段でも目的でもいい。

まずは、一緒に合格しましょう。

誤字脱字,そもそもの間違い,
お教えください。

みなさんが健康で元気に毎日を過ごせることを願っております。

twitterでは,語句説明なども行っております。
@Clinic_psycho
or
臨床心理スクール幼稚舎

で検索してください。


できたらフォローもよろしくお願いします!!笑

検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

依頼2

 本日も依頼の技法としてのドア・イン・ザ・フェイス・テクニックをご紹介します。日本語に訳すと「ドアに顔」という・・・ちょっとわけわからない技法ですが、ご説明します。

 S=セールス野郎 Y=よーす
 
 ぴんぽーん

 S=○○新聞です。少しお話いいですか?
 Y=まぁすこしだけなら・・・
 S=ありがとうございます。実は今回こんな新聞の新しいコースができまして・・・
 Y=はぁ、きょうみないんでぇ~
 S=ちょっとまって!!じゃじゃじゃぁデジタル新聞も一緒にしてこのお値段でご提供します!!
 Y=はぁ・・・まぁそういうことなら・・・

 こんな会話想定できませんが,たとえば友達から「英語の全訳の課題やってくれない?」って頼まれて,断った後に,「わかったじゃあこの章とこの章は自分でやるから,この章とこの章やってもらえるかな・・・?」って頼まれたら断りづらいですよね。 他にもスーパーなどの試食コーナーで試食をしてしまうと断りづらいという人もいるんじゃないでしょうか?

 このように大きな提案を一度しておいてあとからそれよりも小さな提案をする技術がこのドア・イン・ザ・フェイス・テクニックです。
 実はこの技術にも好意の返報性という心理学的な効果が隠されています。

 一般に人間は誰かから何かを与えられたときにその恩に報いたいと思うものだという現象なのですが,ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックにおいてもこの相手から与えてもらったという状況が発生しているわけです。
スポンサーサイト
CATEGORY:社会心理学

THEME:心と身体 | GENRE:心と身体

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダーがチェス盤に見えたらまじめに更新されてます笑
Twitter
コミュニティ心理学書籍紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。