生徒数
プロフィール

よーす

Author:よーす
よーすです。

心理系大学院合格目指しましょう。

みなさんの夢はなんでしょう?笑

臨床心理士,公務員の心理職,一般企業・・・?

どれも素敵です。

僕は心理学をしっかり学んだ人には,大きく社会を変える力があると思っています。

だから,どんな目標でもいい。
大学院合格は手段でも目的でもいい。

まずは、一緒に合格しましょう。

誤字脱字,そもそもの間違い,
お教えください。

みなさんが健康で元気に毎日を過ごせることを願っております。

twitterでは,語句説明なども行っております。
@Clinic_psycho
or
臨床心理スクール幼稚舎

で検索してください。


できたらフォローもよろしくお願いします!!笑

検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heuristics Systematic Model

 本日のテーマは先日に引き続き,説得において重要な理論であるHSM(Heuristic-Systematic Model)についてご紹介します。

 まずはざっくりとどんな理論なのでしょうか。

 チェイクンによって提唱されたヒューリスティック-システマティックモデルは,メッセージを受けてから説得に至るプロセスを2つのルートで捉えているという点で先日紹介した精緻化見込みモデルと非常によく似ている理論です。しかしながら,内容に関しては若干異なっているのでその点を明確にしてご紹介しましょう。


そもそも人間にはヒューリスティックという思考方法があります。後日詳しく説明しますが,問題解決に便利な考え方のことです。これまでも何度か出てきた「なるべく労力をかけずに思考や判断をしよう!!」という人間の脳の機能の一つです。

 HSM(ヒューリスティック-システマティックモデル)ではこのヒューリスティック機能によって楽してメッセージを判断して説得されてしまうパターンとシステマティックにじっくり検討してメッセージを判断しようとするパターンの2パターンによって説得のプロセスが進むと考えられています。
ヒューリスティック-システマティックモデル


 こんな感じです。

 この図からもわかるようにヒューリスティックのみを利用するモデルとヒューリスティックだけでなくシステマティックな思考も利用して情報を吟味する2つのモデルがあります。どちらのモデルを採用するかはその人にとって詳細な情報が必要かどうかにゆだねられているわけです。

 言い換えると,とりあえず,脳をあんまり使わずに処理してみて,どうやら情報が足りないぞとなったらシステマティックに詳細な検討をするということです。

 前回の精緻化可能性モデルにかなり似ていますが,異なる点は,どちらのプロセスでも最初に同じヒューリスティックで判断するというプロセスが想定されていることです。
スポンサーサイト
CATEGORY:社会心理学

THEME:心と身体 | GENRE:心と身体

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダーがチェス盤に見えたらまじめに更新されてます笑
Twitter
コミュニティ心理学書籍紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。