生徒数
プロフィール

よーす

Author:よーす
よーすです。

心理系大学院合格目指しましょう。

みなさんの夢はなんでしょう?笑

臨床心理士,公務員の心理職,一般企業・・・?

どれも素敵です。

僕は心理学をしっかり学んだ人には,大きく社会を変える力があると思っています。

だから,どんな目標でもいい。
大学院合格は手段でも目的でもいい。

まずは、一緒に合格しましょう。

誤字脱字,そもそもの間違い,
お教えください。

みなさんが健康で元気に毎日を過ごせることを願っております。

twitterでは,語句説明なども行っております。
@Clinic_psycho
or
臨床心理スクール幼稚舎

で検索してください。


できたらフォローもよろしくお願いします!!笑

検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロー体験2

 さて,先日までのフロー体験では,皆さんが日常で経験する「あっという間の集中した状態」で人間の精神に起こるポジティブな体験のこと,とご紹介しましたが,

 ・別にフロー体験が必要だと思わない。
 ・フロー体験を得るためにはどうしたらいいのか、
 ・毎回フロー体験するわけではない。

 といった疑問にお答えしておりませんでした。

 ということで,本日はフローの真髄について,時間をかけてお伝えしたいと思います。


 まずは,フロー体験の種類を考えてみましょう。

 スポーツ選手など,その道を極めた人が,パフォーマンスの最中に感じるフローを深いフローと言います。他には・・・

 1.ジャンクフロー:通常のフローが楽しめること,自分のチャレンジすることがらによって左右すされるのに対して,ジャンクフローはいわば即席のフロー体験です。簡単にフローに近い体験を得られるため,間違ってしまいやすいのですが,実際にはフローではありません。たとえば,テレビを見ることは楽しいし,時間が想像以上に早く経過したりします。しかし,テレビを見るという行為にたいして,「チャレンジ」を伴うこともなく,自己という感覚を失うほどではないでしょう。つまり,「明日こそもっと上手にテレビを見てやるぞ!!」とか「テレビを見ている間は自己という感覚はなくなり,音も何も感じずただ映像を見ていた」などという経験がテレビを見たからといって起こらないわけです。
 一方,たとえば実際にサッカー選手が感じるフローは「自己という感覚がなくなり,周りの歓声も聞こえず,気が付いたらシュートが決まっていた・・・」こんな感じです。やはり,同じわけはありませんよね。当然ながら,即席のフローの後にはポジティブな感情が伴うことはありません
  このように,即席で得られるフローに似た体験のことをジャンクフローと呼びます。そして,人間は楽して得られるそうしたジャンクフロー体験によって得られた快楽を求めるので,ゲームやテレビなどにはまってしまうとチクセントミハイは言っています。ジャンクフローを経験してばかりいると,フロー体験が必要ないと感じる場合があります。

 2.マイクロフロー一瞬のフロー体験のことです。バスケ選手のフロー体験が試合の間の1クオーターだったり、石川遼君のフロー体験が一日18ホール回っている間ずっとだったり,ダルビッシュのフロー体験が試合開始から9回2アウトまで・・・だったりするのに比べて,普通の生活ではそのようなフロー体験は訪れにくいと考えられています。マイクロフローとは一瞬の間,日常的な作業の中で訪れるフロー体験のことです。
 たとえば,友達と本当に楽しく話した時間や楽器を演奏している間などに起こります。
 非常に簡単に得られるフローですね。

 こうして考えると,ジャンクフローとマイクロフローの何が違うんだ!ということになりますが,そこがポイントです。

 フロー体験の条件には,「チャレンジ」があるんですね。先ほどから何度か登場していますが,自分の技量に対して,少しレベルの高いチャレンジをすることでフローを体験できると考えられています。高すぎても低すぎても駄目です。なので,最初は難しくてチャレンジしていたからフローだったことも,次第に自分のレベルが向上してチャレンジを伴わなくなると,フロー体験ができなくなってしまうことがあります。
 いっぱいいっぱいで仕事に追われていた時期よりも,仕事に慣れてきて習慣化し始めてからのほうがつまらないということはフローが失われた状態を示していたのですね。

 したがって,フロー体験を得たい人は,毎日の作業の目標を少しだけ難しく設定してみるとよいわけですね。

 以上,長々と説明しましたが,これがフロー体験です。ポジティブ感情を目指して,少しチャレンジをしてみてはいかがでしょうか!
スポンサーサイト
CATEGORY:ポジティブ心理学

THEME:心の持ち方 | GENRE:心と身体

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダーがチェス盤に見えたらまじめに更新されてます笑
Twitter
コミュニティ心理学書籍紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。